サッカーとバスケのとある一面で効率化

サッカーの意外な一面

まずは、サッカーの方から見ていきましょう。

サッカーは誰でも手出ししやすい競技であり、幼少からダイエットを気にする人にとっては、すごく魅惑的なスポーツなのです。
そのわけは、ボールと一定のスペースさえあればサッカーが成り立ちます。
小学生の好意をだく基準は、極めて単純で、男の子は顔が良くて話が合う人、女の子は運動神経の良い子、というのが多いです。
サッカーを通すと、同じだけの知識があれば、話が合わせやすく、技術を極めることが出来ます。
また技術が磨かれると、運動神経が良いという錯覚を得ることもあります。
つまり、小学生の基準で物事を見る時、サッカーができる人は異性に好かれる対象であることを存分に発揮できるスポーツであるのです。

バスケはそこに至るまでがすごい

バスケットボールがダイエットとしてうってつけな部分は、水泳と並ぶあらゆる部分の筋肉を使うためにみにつける過程で多くのカロリーが消化されることです。
これは、体力テストの20メートルシャトルランで見てみると分かりやすいでしょう。
20メートルシャトルランは、全身持久力をはかるために用いられています。
シャトルランでは、ターンする速さも回数を稼ぐポイントとなっています。
これは、反射神経を身に着けると、より素早いターンが行えます。

反射神経を身に着けるために反復横跳びを練習して、さらに20メートルシャトルランの回数を重ねると、トータルで消化されるカロリーはジョギングで消化されるカロリーと大きくは違わないのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る